ALL or NOTHING

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Brahman / Ego-Wrappin' | main | Summer Sonic Extra - The Smashing Pumpkins >>

音楽もろもろ

7月になりました。
毎年の事ですが、会社で一番早く夏休みを取らせてもらいます。
堂々と休む為にも、今はフルスロットルで働いてます。フガー。

今年の滞在先やら交通手段やら、やっと纏まってきました。
タイムテーブルも発表になりまして…。

・・・予想はついてたけど、マッシヴとベルセバが完全に被ってますよ(激しく動揺)。
おおお、どうしたらいいんだ!? どちらも途中で抜けることは私には多分無理。だとしたら、どちらかを完全にあきらめる…All or Nothingです、まさしく。

忙しくても音楽は聴いてます。結構前に買ったものもありますが、こんな音楽達を最近はリピってます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 Monster / 嵐

 ここ1年ぐらいで1番好き。やっとテンションの上がるシングルが来ました。自然な嵐も素敵ですが、私はこういう作りこまれた世界で演じたり歌ったりする嵐のほうが好きなのかもしれません。1曲の中に色んな情景が見えてきて、何度聴いても飽きません。というより、聴けば聴くほどハマります。PVも、PVメイキングも素晴らしいです!
カップリングソングについては、あまりに印象無さ過ぎてノーコメントです。
しかも、もう次のシングルが出るようで(明日でした)。今年も働き者の5人です。アルバムも非常に楽しみ。

 THE RESISTANCE / MUSE

今や説明の必要がないくらいビックなバンドになったMUSE。今年頭の来日公演も大盛況だったようで。
実は、CDを一枚も持ってなかった私。今年はフジにも出るし、ちゃんと聴いてみるかと買ってみました(いつも上から目線ですみません)。

CDを買おうと今まで思わなかった理由の一つは、「お前は演歌歌手か?」というぐらい歌い上げるマシュー君のボーカルがちょっと苦手だったからです。 そして、初めてアルバム一枚聴き通した初印象は…「ドラマティカルすぎて恥ずかしい…」。こちらが恥ずかしくなるほど、激しく酔いしれてます。途中クラシックの曲のピアノ演奏が入ったりするところもまた…。 自分の日常生活の中で、これはいつ聴けばいいの?と少し考えてしまいましたが・・・。不思議なことに…恥ずかしいのを我慢して(失礼)何度も聴いているうちに、すっかり病みつきに(!)。
ボーカルには少し違和感を感じながらも、あのドラマチックな展開の楽曲の中に自分を置き入れることがとても心地よくなってきた…。これが彼らの魅力なんでしょうか? 
ライブで見たらもっと印象変わるかな? 前回フジに出演した時は観れなかったので、今年は絶対観ます。 あと、うちの夫が、マシューのギターの弾き方と小山田(圭吾)君のギターの弾き方がそっくりと言うのですが…。今度検証してみようと思います。


 Yeah Ghost / Zero 7

イギリスの友人がスタッフをやってるらしく(知らなかった)、Zero 7グッズ(バッグとかタオルとか)と一緒に送ってくれました。
全曲素晴らしいです、大好きです。過去の作品と比べるとポップ度が上がったような気もしますが、私は大好きです(2回言った)。
私はZero7について「イギリス出身の2人組」という事以外、何も知らないのですが…どんな人達なんだろう?
いつも気持ちのいい女性ボーカルが入ってます。
美しいメロディの聴いてて心穏やかになるエレクトロニックミュージック。日暮れ時に、爽やかなカクテルとか飲みながら野外で聴いたら最高だろうなあ。こんな音楽の作り手は絶対いい人達に決まっている!友人に聞いてみよ。


 THEM CROOKED VULTURES 
 
ジョン・ポール・ジョーンズ(Red Zeppelin) , デイヴ・グロール(Foo Fighters), ジョシュ・オム(Queens of The Stone Age)の3名からなる、言わずもがなスーパーバンド。
これだけのベテランが集まって作る音楽ってどんなのよ?とドキドキして聴きましたが・・・、めちゃめちゃカッコイイ(溜息)。
大人なロックです。色んな事’分かっている’大人が作るロックです。
私はテクニック的な事はあまり分からないのですが、多分かなり一筋縄ではいかないような演奏をしているにも関わらず、私的にはとても聴きやすく、そこら辺が同じようなスーパーバンドにありがちな’一人よがり’な音楽では無いところも大人だと思いました。これ生で聴いたら鳥肌だろうなあ・・・。フジでは必見です。私は、デイヴのギター姿よりもドラム姿が好きなので、それを観れるだけでも今から心踊ってます。

ちなみに、デイヴはいろんなバンドにゲストドラムとして参加してますが、↓の曲が私の中では最強。
初めて聴いた時、呆然としました。

Killing Joke : The Death and Resurrection Show 

☆☆☆☆☆☆☆☆

他にも聴いてるもの色々あるけど、とりあえず本日ここまで〜。





CD/DVD | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://allornothing5.jugem.jp/trackback/89
この記事に対するトラックバック