ALL or NOTHING

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ひふみよ 6月9日 東京NHKホール | main | 音楽もろもろ >>

Brahman / Ego-Wrappin'

続けて、もう1本。

BRAHMAN / EGO-WRAPPIN'  6月10日 SHIBUYA AX

小沢くんがNHKホールでコンサートやってる、そのお向かいでは、これまた熱いライブが。
友達が誘ってくれて行ってきました。 ううう、行けて嬉しかったー。本当にありがとう!!!

一見すると異色なこの2組の共演。・・・・、めっちゃくちゃカッコよかった。

エゴの森くんが教えてくれて知ったけれど、ライブ前のDJは、冷牟田竜之さんの新しいプロジェクト「DAD MUM GOD」。 だからスカパラが何曲もかかってたんだ〜。

先行は、Ego-Wrappin'。1曲目は、先日発売されたCDにも入ってるBrahmanの「Speculation」のカバー。おー、森くんがドラム演奏してる。

その後は、彼らの代表曲が続きます。かなり攻めてました。最初の数曲、すっごいヘビイだった。

真っ赤なライトの中で歌う良恵さん、カッコいいなあ。
毎度、あの小さな体から溢れだす歌声の力強さに圧倒されます。

彼女の歌声は、水みたい。その時々で、小川のせせらぎだったり、激流だったり、激しい水しぶきだったり。
穏やかな時は、聴く者を優しく包んで癒す。
激しい時は、向かう全ての物を打ち砕く。私達は、彼女の声の渦に巻き込まれて、されるがまま。
でもそれが、とても気持ちいいんです。

衣装もいつも素敵。

約1時間弱の演奏。

そして、後攻BRAHMAN。これまた、エゴの「Nervous Breakdown」のカバーから。
彼らはフェスで何度も観たことありますが、こんな狭いハコでは初めて。
しかも、いつもモッシュに恐れをなして後ろに下がってしまうので(最近は無理しません)、こんなにちゃんと演奏してる姿を観るのも初めて…。

ひゃーカッコいい〜! そして、ベースがスゲエ!わたくし、ベースの彼にしばし釘付け。

よく「身を削って」とか「命削って」とかいう表現がありますが・・・、まさしく彼らのステージはそうでした。気持ち悪い表現ではありますが、それこそ自分たちの肉体切り刻んで、肉片こっちに投げつけてくる感じ(うえーキモくて失礼)。そのくらい、生々しく激しかった。

1時間弱のライブで、あんなにTシャツ伸びちゃう人初めて観ました!最後は肩出ちゃってたもん。

エゴの良恵さんは、いい意味で「女」全開な歌姫です。だから好き。
一方、BRAHMANのトシロウさんは、「男」全開。咽かえるような男フェロモン(っていうのか?)に、終演後は私も友達も鼻血出そうなくらいヤラレてました…。


そして、アンコールで、「promenade」と「WE ARE HERE」披露。ガチンコ勝負。
うー、トシロウさんの横で歌っても負けない女ボーカルって言ったら、彼女しかいないって大納得。
もっともっと聞きたかった。

「WE ARE HERE」のラストでは、PVと同じように紙吹雪が!しかも、トイレットペーパーだった!
大爆笑。これ、最高でしょ。めちゃくちゃキレイでしたよ。

まさしく「Sure Shot」な共演でした。心にスコーンとまっすぐに届きました。
やっぱりROCKは、カッコよくないと。








LIVE | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://allornothing5.jugem.jp/trackback/88
この記事に対するトラックバック