ALL or NOTHING

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< say hello, say good bye | main | 新世界 >>

今年の花見には、ぜひ。

会社のすぐ前にある交差点のビルボード広告が、1月は翔くんカバチでした♪
そして、2月になったら、キリングリーンラベルになってました。幸せナリ。
3月はぜひ、troublemakerでお願い。


飲んでます、グリーンラベル。
我が家の冷蔵庫の上段は一番搾りが占領してるので、、グリーンラベル君たちは、中段の奥に慎ましくスタンバっております。 過去に発泡酒で頭痛を起こした夫は、警戒して触りもしません。

発泡酒は、過去に数回しか飲んだことなく、その印象は決して良くなく、正直全く期待はしてなかったんですが・・・。
全然大丈夫!意外にも美味しいカモ。発泡酒の進歩にちょっと感動。
「飲んだ」という感じがしないので、ソフトドリンクとしてもイケそう(?)。飲み過ぎ注意ですな。

夫が、「何でそんなの飲んでるの?」って顔で私を見てましたが、無視。
その後、TVでグリーンラベルのCMが・・・。 
全く表情のない顔で冷たい視線を向けられましたが、無視。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ABBOT KINNEY by LOVE PSYCHEDELICO
  
 彼らの音楽を始めて聞いたのは、去年のFNS歌謡祭。その前も名前はもちろん知ってましたが・・・。いくら売れてても出会うことが無い音楽ってあるんですよねえ。耳が反応しないだけかもだけど…。

 このアルバムは、プレゼントしていただきました♪ 
 とっても気持ちいい、キャッチーなポップソング達。
 
FNSで初めて観たとき、ボーカルのKUMIさんの歌う姿を、「子供みたいだな」って思ったのです。
まだ小学校上がる前ぐらいの小さな子供みたいだって。上手く歌おうとか、そういうのでは無く、ただただ’歌うのが楽しくて仕方ない’っていう感じで。
例えば、幼稚園児の歌の発表会とかで、子供たちが一生懸命に、でも楽しそうに歌うのを観て、こちらも自然と笑顔になってしまう、そんな感じ。
あー、私が文章下手ですみません…。上手に表現できないわ。

彼女の歌は聴いても、観てても気持ちがよいです。先日の「僕らの音楽」でも、その印象は変わりませんでした。

このアルバムって、どの曲もすっごく乾いてるんですよ、音が。軽いの。
ボーカルとギターが全面的にフィーチャーされて、ドラムとかベースの音は殆んど聞こえません。
わざとそうしてるのか、いつもこんな感じなのかは、他のアルバム聞いたこと無いから分からないのですが…。 ライブだと、また印象違うんでしょうね。

心にグッとくる・・・音楽では無いけれど(私にとってはね)、聴いてて心が軽やかになる音楽です。
あとね、部屋で聴くより、外で聴いたほうが断然よい! 運転中とか、街中歩きながらとか。
アメリカの郊外とかでラジオから聞こえてきそうな音楽。
アメリカ行ったことありませんけど(テキトーですみません)。

暖かくなったら、このアルバムと、グリーンラベルを持ってピクニックに行きたいな。




今さっき、イギリスの友達に電話したら、息子(4歳)が留守電の音声だったんだけど…。
「Sorry, daddy can not come to the phone. He is robbing a bank and saving the world! (ただ今、パパは電話に出れません。銀行強盗をして世界を救っているところです!)」

・・・ロック夫妻の間に産まれた彼は、いつも期待以上の事をしてくれます…。将来が楽しみ♪




CD/DVD | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://allornothing5.jugem.jp/trackback/71
この記事に対するトラックバック