ALL or NOTHING

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< やっぱり・・・ | main | LIVE FOREVER >>

日本GP

鈴鹿の余韻に浸りまくってました。
ああ、楽しかった・・・。

ベッテル、本当に速かった〜。殆んど独走状態で、目で見てても「はやっ!」って分かるほど、ガンガンに飛ばしてました(みんな速いんですけど)。若さもあるけど、「これが勢いに乗ってる人の走りなんだって納得できる、攻めの走りでした。でも、53周、ほとんどラップタイムが変わらないって、驚異なんですけど…。

091004_123020.jpg

今回は、初めての電車でGO。 いつもは車で行ってました。
決勝当日は、まだ外は真っ暗な午前4時起床。
地元地下鉄で、新横浜に出たのですが、一本遅い地下鉄に乗ってしまったため、新幹線への乗換え時間、ナント2分! こりゃ無理だ…と一瞬あきらめましたが、友達と待ち合わせもしてるし、がんばれ私!と自分へ言い聞かせて、地下鉄のドアが開いた瞬間に、もうダッシュっ。
ここ数年で最速の走りだったと言い切れます! 新幹線に飛び込んだ瞬間、動き出して、ホッとしたのと同時に、すごい気持ち悪くなって、そのまま名古屋まで辛かったです…。

名古屋駅は、すでに鈴鹿へ向かうF1ファンがわんさか。
地元ではちょっと恥ずかしくて被れなかったキャップも、ここからオン。
ロカール線に乗って、金曜夜から鈴鹿入りしている友達と途中で合流。彼女の運転する車で久々の鈴鹿入り〜。

今年は、不景気もあって、例年より来場数が少ないと言っても、10万人は超えてますから、そりゃすごい熱気です。
しかし、本当に暑かった…。もう10月なのに、日焼け止めをしっかり塗って、キャップにサングラス、その上からタオルをほっかむりというスゴイ格好でしたが、そんなこと言ってられないってほど暑かった…。座っていてもクラクラきました・・・。

今回は、友達が借りたカンガルーTVを始めて使用。1万円のレンタル料に、「高いー!」って最初は思ったけど、これがかなりの使えるやつで、ちょっと感動。レースの国際映像が見れるのはもちろん、各ドライバーの車載カメラからの映像も見れるし、順位やラップタイムなどの、レース情報は随時アップデートされるし、チームラジオも聞けるすぐれもの。ちなみに、わたくしは、ずっとキミのオンボード映像でした。はええええっ。

3年ぶりに聞くあの音に、大興奮。
スタート1週目、車の集団が目の前を通り過ぎたとき、鳥肌立ってまぢでチビリそうに(失礼)。

日本GP直前に、今シーズンでのフェラーリとの契約解除が発表されたキミ。しかも、あの’勝てない車’。やる気ゼロになってもおかしくないのに…。でも、彼にはそういうことは関係ないんだろうな。
’与えられた状況下で、自分のベストを尽くすだけ’って。
4位フィニッシュ、すごいと思います。キミにとっては、1位じゃなきゃ意味ないんだろうけど…。

彼の赤い車が目の前を通り過ぎるたびに、泣いちゃいそうでした。
中継ではあまりよく映ってなかったけど、SCが出た後に、マクラーレンを抜こうと、猛プッシュがすごかった・・・。なんかもう胸が痛かったです、よく分かんないけど。

本当に、ザ・プロフェッショナル。’車をいかに早く走らせるか’。ただそれだけ。

彼の来年のシートはまだ決まってませんが、ちょっと嫌な予感もしてます。
彼自身も「弱小チームでは運転しない」と言ってるけど、私も彼には’勝てる車’に乗ってほしい。
入賞ギリギリあたりを争ってるキミなんて見たくないわ…。
あー、もう、フェラーリのばかああああああ!(←すごい言いたかった)

まあ、そんな事で、私にとってはキミ・ライコネンへの想いでいっぱいの鈴鹿でした。
トヨタ2位も嬉しかったけどね。ヤルノファンの友達もハッピーだったし。

そうそう、帰ってきて、フジTVの中継を観て、堂本光一くんが参加した副音声に爆笑でした。
まったく解説になってない、超マッタリムードで、面白かった〜。主音声との温度差がまた面白くて。
思いでに浸りながら、副音声でリピッてます。

本当、行ってよかったです。 色んなものに感謝。













F1/WRC | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://allornothing5.jugem.jp/trackback/54
この記事に対するトラックバック